字が上手くなる方法はひたすら意識して練習あるのみ

字が上手くなる方法とこつは、ひたすら意識して練習することが一番です。

私は以前、通信講座のペン習字でひたすら字の練習に取り組みました。もちろん、自分で練習することもできると考えます。しかし、どういった部分に気をつけないといけないのかなど、やはり教材を通して学ぶしかないと考えております。教材を通して学ぶことで、これまで自分の中で思っていた字の書き方が根本的に間違っていたことなどを理解するはずです。理解できれば、それをひたすら練習するだけです。

最近ではパソコンなどで仕事をすることが多く、字を書くということが減ってきていますが、減ってきているからこそ練習することが字が上手くなる方法と考えるべきです。

書くことが減ってきている分、下手な字を書く時間も減ってきているので、練習して書く時間を増やせば、必ずうまくなります。

私はペン習字でかなり上達しました。そして、今では人前で字を書くことに対し、抵抗もなく、できれば字のうまいところを見せたいと思うぐらいです。そして字を書く基本ができれば、必ずきれいに見せる自分なりの字が上手くなる方法も見つかります。

基本の字が書けることで、さらにそれを自分流にアレンジしてきれいに見せるためにはどう書けばよいかを考えるからです。

基本ができていないのに、自分流をつくろうとすると必ずうまくはいきません。そのためにも基本を何らかの形で学ぶべきです。字を書く習慣、字を書くことはとても大切であり、頭の体操にもなるため、ぜひやるべきです。

意識を作るための美文字トレーニング

美文字トレーニングをご存知でしょうか。練習の前に「意識」するためには美文字に見えるテクニックを覚えておくととても効果的になります。練習は当然するものですが、そのまえに意識をするポイントを知りましょう!