字が上手くなる方法の初歩はペンの持ち方

人前で字を書いた時に下手だと恥ずかしいものです。しかしペン字を習いに行く暇がない人がほとんどです。自宅で簡単に字が上手くなる方法があります。

字を書く時にペンの持ち方が違うと上手く書くことが出来ません。字の下手な人はぺんの持ち方が変な持ち方の人が多くいます。ペンを持つ手に力が入り過ぎると、字を綺麗に書くことが出来ません。軽くペンを持ってまず力を抜いてから字を書く事も大事です。

まずはペンを正しく持つことです。

それから子供のひらがなの練習帳を利用して、それをなぞって書く練習をするのも字が上手くなる方法です。誰もが小さい頃はそうやって字の練習をしたはずです。また字を上手く見せるポイントは、少し右上がりに書くことが上手く見えるポイントです。上手い人の字を見ると分かりますが、多くの人が横棒が右上がりになっています。横棒を水平に書いているよりも右上がりの方が綺麗に見えます。

そして縦棒は、真っ直ぐ書く事で字が上手く見えます。字を書く時にこの点を意識するだけで、かなり字の見え方が変わって来ます。

正しい書き順で書く事も字が上手くなる方法です。書き順は字を書きやすくするための順番ですから、この順番通りに書く事で字が書きやすくなるはずです。

また字の上手い人は字をゆっくりと丁寧に書いている光景をよく見ます。このようにゆっくりと丁寧に字を上手く見えるポイントを意識しながら字を書く事で字はかなり上手く見えます。常に字を書く時に意識する事が上手い字にしていってくれます。

ボールペン字講座

ボールペン字講座をご存知ですか。
字が上手になるのは練習あるのみですが、美しく見えるにはコツがあります。そのコツを抑えただけで一瞬で綺麗に見えるトレーニングのことです。練習+コツを覚えることで上達が早くなりますので是非トライしてみてください。