字が上手くなる方法は字を絵のようにバランスを見ること

字が上手くなる方法、それは簡単だ。

まず、上手く書く、という意識を持つこと。これがないと絶対に字は上手くならない。残念ながら一朝一夕で字は上手くはならない。

上手く書こう、という意識を常に持って、それを繰り返していくことが字が上手くなる方法だ。だがそんなこと言っても今上手な字を書きたいのだ、という人には確かにコツがある。

字の美しさというのは、バランスである。そこに味が加わるから、字は芸術にもなり得る。だがただ見栄えの良い字を書きたいというのであれば、ひたすらにお手本を真似することだ。

字を絵だと思えばいい。全体の形、それから横棒や縦棒の位置、止める場所、払う角度、すべてに意味がある。そういう細かい部分を全て真似できれば、上手い字が書ける。その字その字に、字が上手くなる方法と書き方というのがある。

それはインターネットでも調べることができるので、まずは調べてみるといい。

たとえば、大、という字にしてもこつがある。たった三画の字。だが、三角度だからこそ難しい。横棒はやや右上がりに。左に払う縦棒は大胆に横棒の上に突き出して、大きく払う。右の払いも、しっかりと広げて充分に払う。

全て真似ぶ、ということが大事である。真似ぶとは、真似て学ぶということである。日本人は古来より真似ることが得意と言われている。今字がへたでもきにやむことはない。必ず字は上手くなるのだ。あなたの心がけと、努力次第で必ず上手くなる。

まずは簡単な字から真似てみるといいだろう。