字が上手くなる方法の初歩はペンの持ち方

人前で字を書いた時に下手だと恥ずかしいものです。しかしペン字を習いに行く暇がない人がほとんどです。自宅で簡単に字が上手くなる方法があります。

字を書く時にペンの持ち方が違うと上手く書くことが出来ません。字の下手な人はぺんの持ち方が変な持ち方の人が多くいます。ペンを持つ手に力が入り過ぎると、字を綺麗に書くことが出来ません。軽くペンを持ってまず力を抜いてから字を書く事も大事です。

まずはペンを正しく持つことです。

それから子供のひらがなの練習帳を利用して、それをなぞって書く練習をするのも字が上手くなる方法です。誰もが小さい頃はそうやって字の練習をしたはずです。また字を上手く見せるポイントは、少し右上がりに書くことが上手く見えるポイントです。上手い人の字を見ると分かりますが、多くの人が横棒が右上がりになっています。横棒を水平に書いているよりも右上がりの方が綺麗に見えます。

そして縦棒は、真っ直ぐ書く事で字が上手く見えます。字を書く時にこの点を意識するだけで、かなり字の見え方が変わって来ます。

正しい書き順で書く事も字が上手くなる方法です。書き順は字を書きやすくするための順番ですから、この順番通りに書く事で字が書きやすくなるはずです。

また字の上手い人は字をゆっくりと丁寧に書いている光景をよく見ます。このようにゆっくりと丁寧に字を上手く見えるポイントを意識しながら字を書く事で字はかなり上手く見えます。常に字を書く時に意識する事が上手い字にしていってくれます。

ボールペン字講座

ボールペン字講座をご存知ですか。
字が上手になるのは練習あるのみですが、美しく見えるにはコツがあります。そのコツを抑えただけで一瞬で綺麗に見えるトレーニングのことです。練習+コツを覚えることで上達が早くなりますので是非トライしてみてください。

字が上手くなる方法はひたすら意識して練習あるのみ

字が上手くなる方法とこつは、ひたすら意識して練習することが一番です。

私は以前、通信講座のペン習字でひたすら字の練習に取り組みました。もちろん、自分で練習することもできると考えます。しかし、どういった部分に気をつけないといけないのかなど、やはり教材を通して学ぶしかないと考えております。教材を通して学ぶことで、これまで自分の中で思っていた字の書き方が根本的に間違っていたことなどを理解するはずです。理解できれば、それをひたすら練習するだけです。

最近ではパソコンなどで仕事をすることが多く、字を書くということが減ってきていますが、減ってきているからこそ練習することが字が上手くなる方法と考えるべきです。

書くことが減ってきている分、下手な字を書く時間も減ってきているので、練習して書く時間を増やせば、必ずうまくなります。

私はペン習字でかなり上達しました。そして、今では人前で字を書くことに対し、抵抗もなく、できれば字のうまいところを見せたいと思うぐらいです。そして字を書く基本ができれば、必ずきれいに見せる自分なりの字が上手くなる方法も見つかります。

基本の字が書けることで、さらにそれを自分流にアレンジしてきれいに見せるためにはどう書けばよいかを考えるからです。

基本ができていないのに、自分流をつくろうとすると必ずうまくはいきません。そのためにも基本を何らかの形で学ぶべきです。字を書く習慣、字を書くことはとても大切であり、頭の体操にもなるため、ぜひやるべきです。

意識を作るための美文字トレーニング

美文字トレーニングをご存知でしょうか。練習の前に「意識」するためには美文字に見えるテクニックを覚えておくととても効果的になります。練習は当然するものですが、そのまえに意識をするポイントを知りましょう!

字が上手くなる方法は字を絵のようにバランスを見ること

字が上手くなる方法、それは簡単だ。

まず、上手く書く、という意識を持つこと。これがないと絶対に字は上手くならない。残念ながら一朝一夕で字は上手くはならない。

上手く書こう、という意識を常に持って、それを繰り返していくことが字が上手くなる方法だ。だがそんなこと言っても今上手な字を書きたいのだ、という人には確かにコツがある。

字の美しさというのは、バランスである。そこに味が加わるから、字は芸術にもなり得る。だがただ見栄えの良い字を書きたいというのであれば、ひたすらにお手本を真似することだ。

字を絵だと思えばいい。全体の形、それから横棒や縦棒の位置、止める場所、払う角度、すべてに意味がある。そういう細かい部分を全て真似できれば、上手い字が書ける。その字その字に、字が上手くなる方法と書き方というのがある。

それはインターネットでも調べることができるので、まずは調べてみるといい。

たとえば、大、という字にしてもこつがある。たった三画の字。だが、三角度だからこそ難しい。横棒はやや右上がりに。左に払う縦棒は大胆に横棒の上に突き出して、大きく払う。右の払いも、しっかりと広げて充分に払う。

全て真似ぶ、ということが大事である。真似ぶとは、真似て学ぶということである。日本人は古来より真似ることが得意と言われている。今字がへたでもきにやむことはない。必ず字は上手くなるのだ。あなたの心がけと、努力次第で必ず上手くなる。

まずは簡単な字から真似てみるといいだろう。